釣り初心者女子はブラックバスがおすすめ!竿選びルアーの付け方は?

陽気がいい日にのんびりとバス釣りなんて良くないですか?

丘から釣るのもよし!
ボートの上から釣るのもよし!

エサを触るのが苦手な女性でもバス釣りなら、
そんな心配いりませんもんね^^

スポンサードリンク

釣り初心者ならブラックバスがおすすめ!

バス

釣りをしてみたいけど、エサ(虫系)を釣り針につけるのが苦手(´Д`)

そんな女性におすすめの釣りがバス釣りです。

ブラックバスは日本中の湖や河川、ダム湖、野池など色々な場所に生息しています。

バス釣りの気軽なところはルアーと言って疑似エサで釣ることが出来て、
気持ち悪い虫を触らなくても楽しむことが出来る
虫嫌いな女性でも楽しめる釣りなんです。

ルアーはいろいろな種類があってリアルなものから、
かわいらしいもの(ドラえもん型なんてのも)まであります。

そのルアーをリールでカリカリと自分でアクションをつけて、
バスを誘惑するだけでも楽しいのですが、
バス釣りの楽しみはやっぱりバスがヒットした時の引きです!

小さなサイズのバスでも、グググっとくる引きは一度体験すると、
興奮もので、あなたもその引きにクセになるはずですよ。

ぜひ体験してくださいね^▽^

釣り初心者の竿選びで気をつけることとは?

バス用の竿と言っても種類は沢山あります。

大きく分けると2種類に分かれますが、
スピニングロッドとベイトロッド

何が違うかと言うと、取り付けれるリールの種類で別れています。

スピニングロッドはスピニングリールを下向きに取り付けて使います。

逆にベイトロッドはベイトリールを上向きに取り付けて使います。

竿とリールの種類は絶対に間違えないように注意しましょうね。

そこで初心者におすすめの竿は、スピニングロッドです。

スピニングロッドは軽い仕掛けを遠くに投げるのに適していて、
初心者にはとても扱いやすい竿です。

一方ベイトロッドは初心者には扱いにくいため
もし、一緒に釣りに行って教えてくれる方がいる場合は、
ベイトロッドから始めるのも有りかと思いますよ^^

釣り初心者のルアーの付け方

ソフトルアーにはルアー自体にフック(針)は付いていません。

これでブラックバスを釣るには、フックにソフトルアーをセットする必要があるのですが、
ソフトルアーで使うフックは大きく分けて2種類あります。

一つはオフセットフック、もう一つはマス針などで使う
ショートシャンク(軸が短い)のフックになります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

左の列がオフセットフック、右の列がショートシャンクフックです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

オフセットフックはソフトルアーの先端にこのように刺してセットします。

カギ型の部分と長さが合うように注意してください。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ソフトルアーのどの部分にフックの先端が隠れるとよいのかチェックする。

刺す前にこうしてみるとフックをどこに刺せばよいのかすぐ分かります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

オフセットフックはソフトルアーの先端にこのように刺してセットします。

カギ型の部分と長さが合うように注意してください。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ショートシャンクフックへのセットはすごく簡単で、
ソフトルアーの先端にちょんと引っかけるようにするだけでいいです。

ハードルアー

スポンサードリンク

ハードルアーは、しっかりと糸を結べばOKなのですが、
結び方をいくつか紹介しますね。

ダブル・ユニノット

ダブルユニノット

 まず、アイに結び目が出来ないように二重に通します
 糸端で輪を作り
 その輪の片方と元ラインを束ねるようにして3回巻きます
 結び目を軽く締め込んでから
 全体を引き締めて完成です

クリンチノット

クリンチノット

 アイにラインを通した後
 元ラインに4~5回巻きつけます
 糸端を巻き始めに出来た輪の中に通し
 続いて巻き終わりから出来た輪の中を通します
 元ライン、ルアー、糸端を引き結び目を作り
 全体を引き締めて完成です

ダブル・クリンチノット

ダブル・クリンチノット

 アイにラインを二重に通します
 元ラインに4~5回巻きつけた後
 アイ出来た輪の部分にラインを通し
 結び目を作ります
 この時、糸端をある程度引いてから、元ラインを持ち結び目を寄せる感じで
 全体を締め込み完成です

まとめ

釣りの楽しさは体験してみなければ分かりません。

もし身近でバス釣りをやっている方がいれば、
最初はその方に教えてもらいながらなんてのも
いいかと思います。

釣り未経験の女性はぜひトライしてみてくださいね^▽^

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする