入学祝いのお返しは必要?両親や親戚には?のしの書き方は?

4 月は入学シーズンですよね!

今年入学をされるお子様がいらっしゃる方、ご入学おめでとうございます。

入学に伴い、ご両親やご親戚などから入学祝いを頂いたらお返しってどうします?

「入学祝いのお返しは不要」と良く聞きますが、その辺りが曖昧で不安な方は、
ここでしっかりと学んで下さいね(^^)

スポンサードリンク

入学祝いのお返しは必要?

原則として、入学祝いのお返しは不要です。

これは、収入のない子供への贈り物ですから、 本来お返しは必要ないと考えるのが一般的と考えられています。

だからと言って、貰いっぱなしと言うわけには行きませんので、 入学祝いのお返しとしては、
必ずお祝いをいただいた子供本人からお礼の言葉を手紙か電話で伝えさせると 言った、
送って頂いた本人が、お礼をすると言う事がマナーです。

電話で「ありがとう」を一言伝えるだけでも十分ですし、
手紙でしたら、子供がまだ拙い文章しか書けなくても、
かえってその方が、気持ちが伝わり喜ばれると思いますよ。

しかし、原則はお返しは不要とは言え、「気が利かない」と思われるケースも 多くありますので、
やんわりと、お返しを贈った方がよい場合も多くあります。

お返しは、各地方やそのご家庭の方針があると思いますので、 原則は不要ですが、
そちらを最優先にされるのが、後々のトラブルになりませんので、
ご家庭でしっかりと確認をして、お返しをするか、しないかは決定して下さいね。

スポンサードリンク

また、贈られた相手にも歳の近い子供がいる場合などは、その場で返さなくても、
相手の子供の入学時にお祝いを贈れば良いです。

入学祝いのお返しで両親や親戚はどうする?

両親に対しての入学祝いのお返しとしてオススメしたいのが、例えばランドセルを頂いたとしますね。

両親が近くに住んでいる場合には、贈って頂いたランドセルを持参し、
記念写真を一緒に撮って貰うなどすれば大変喜ばれると思います。

もし、ご両親が遠方にお住いでも、孫の入学記念写真を贈ってあげるなんて、
最高のお返しではないでしょうか?

その時には、必ず子供本人が書いた手紙を添えて贈るとよいですね。

記念写真を撮る予定があるならば、オススメしたいお返しの仕方ですので、
ご参考にされて見てはいかがでしょうか?

入学祝いのお返しののしの書き方は?

お返しを贈る場合は「内祝い」として贈ります。

内祝の表書きで、子供の名前で贈る。

水引きは白赤の蝶結びのものを使用。

のしの表書きは上段が「内祝」、下段は子供の名前を書きます。

お礼状は出来るかぎり子供が書いたお礼状の方が望ましいです。

子供からのお礼状は、読みづらい字でもそれが可愛らしく嬉しいものです。

お祝いを頂いたのだから、子供本人にお礼を言わせるのは必要な礼儀ですので、
まだ字が書けない程小さい場合以外は書かせた方が良いですね。

もし、書けない場合は両親のお礼状に添えて、絵を書かせたり、
直接電話で「ありがとう」と言う言葉を相手に伝えさせる事が大切です。

まとめ

入学祝いのお返しは原則不要が一般的ですが、ご親戚とのお付き合いの仕方などを考慮し、

最善の方法を選択して、後のトラブルのない様に対応して行きましょうね (^^)

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする