多汗症の原因と改善方法とは?顔汗や脇汗はどうする?

多汗症で悩まれてる方はかなりおられます。

男性でも大量の汗をかくと、人目が気になるものですが、
女性ならなおさらですよね?

少しでも悩みが解決すると良いですね(^^)

スポンサードリンク

多汗症の原因と改善方法

多汗症

人は誰でも汗をかきますが、その汗は人の体の温調節を行っています。

当たり前ですが体温が上がると汗が出て、
その汗の気化熱で体温を下げています。

それでは、多汗症とはどんな症状かと言いますと、
必要以上に汗が出て皮膚の表面が汗で濡れてしまう状態を多汗症といいます。

多汗症の原因が何かと言うと、汗には温度が高い時に出る温熱性発汗、
辛いものを食べた時に出る味覚性発汗、
精神的に緊張した時に出る精神性発汗などがあります。

また原因となる病気がありまして、多汗が生じる続発性多汗症と、
とくに病気がなく健康な人に発生する原発性多汗症とがあります。

さらに、多汗部位が全身に広がっている全身性多汗症と、
体の一部で発汗が増えている限局性多汗症とがあります。

症状の現れ方として、限局性多汗症は多くの場合、
腋の下、足の裏、手のひらに発生します。

これらの部位は精神的影響を受ける部位であり、
精神的な緊張により発汗量が増えます。

手のひらから汗がしたたり落ちるほど汗の量が多い人もいます。

手のひらが多汗の人は手で触れるものが汗で湿って、
書類などの場合は濡れてしまう事もあるのです。

また他人に手を触れられる事に気を使ってしまうのですが、
特に恋人には極度に気を使ってしまい精神面でも良い影響を与えません。

足の裏に多汗があると臭いの原因になったり、
水虫や細菌感染を起こしやすくなります。

手足の多汗症は、それ以外には病気のない健康な若い人に多く発症します。

全身性多汗症では、内分泌・代謝性疾患、感染症、膠原病(こうげんびょう)、
中枢神経疾患、悪性腫瘍などが原因になっている事があります。

全身性多汗症は、特に原因になる疾患のない原発性全身性多汗症もあります。

多汗症の治療法としては外用薬治療、交感神経遮断治療
水道水イオントフォレーシス、などがあります。

それぞれの治療に長所と短所があり、決定的な治療法が無いのが事実です。

代表的な外用薬としては塩化アルミニウム液、
塩化ベンザルコニウム液などが使われています。

水道水イオントフォレーシスと言う治療方法は手のひら、
足の裏、腋の下の多汗症の治療に適した方法です。

多汗部位を水道水に浸し、直流電流を流し治療する方法です。

この方法は、治療を中止すると発汗は元の状態に戻ってしまいます。

この水道水イオントフォレーシスは、水道水イオントフォレーシスに用いる
乾電池を電源にした装置が販売されています。

手のひらの多汗の症状が強い場合には、
胸腔鏡を使った胸部交感神経節遮断術があります。

この方法では確実に手のひらの汗は止まるのですが、
欠点として多くの人に代償性多汗と言う症状が現れてしまいます。

代償性多汗とは、体の他の部位(背中や腹など)に多汗が現れる症状です。

薬や手術以外では、ミョウバン水があります。

ミョウバンは、食品添加物としてベーキングパウダーなどの
食品に使われているものなので安心です。

ミョウバン水の作り方ですが食料品売り場の漬物用品のところで、
焼きミョウバンを探してください。

無ければ生のものでも大丈夫です。

焼きミョウバン50グラム(生は75グラム)に対して、水1.5リットル。

ミネラルウォーターが入っていたペットボトルなどがちょうどいい感じですね。

涼しい場所に二、三日置いておき、
完全に溶けたらミョウバン水の原液のできあがりです。

使用するときは、この原液を薄めて使います。

20~50倍程度に水で薄めて、肌に塗って使います。

霧吹きなどに入れ、冷蔵庫で保存しましょう。

肌の敏感な方はもっと薄めた方がいいかもしれません。

一度、試してみて下さいね。

顔汗を抑えて化粧崩れを防止

女性にとって顔から出る汗はいやなものです。

そんな顔汗を抑える方法があります。

一時的に抑えるというだけなら、「半側発汗」という
一種の皮膚圧反射を利用して抑えるという方法があるります。

半側発汗とういのは、体の片側の皮膚部位を圧迫すると圧迫された側の発汗が抑制され、
その逆側の発汗が促進されるというものです。

ですので、頭から出る汗を抑えたい場合、体の上半身を圧迫すれば、
顔などの汗が減って逆に下半身の汗が増えるという事です。

具体的な方法としては、一つ小さいサイズのブラを着用したり、
浴衣の帯等で胸を強めに縛るなどするといいかもしれません。

舞妓さんが、帯びで胸を強く圧迫するのは、
顔の汗を抑えることで化粧崩れを防いでいると言われているそうですよ。

あと、乳首の上5㎝のところをツネリながら強く押さえるという方法があります。

試してみて下さいね^^

脇汗の臭いと染みを抑える方法とは?

脇汗をかくと、まず気になるのが洋服の染み。

スポンサードリンク

とくに夏場は薄着になりますし、洋服の脇の下にできるあの嫌な汗染みは、
結構目立つし恥ずかしいものです。

それに脇汗を気にして恥ずかしさが増すと余計に脇汗をかきますし、
ちょと緊張しただけでも脇汗が腕を伝って流れ落ちてくることもしばしば…

そのまま放っておくと洋服の脇の部分が黄ばんだり、
周囲に臭いを放ったりするのも厄介です。

また、重度のわきが体質の人であっても、
最近ではそれを解決する対策がちゃんとあります。

きっと何か新しい発見があると思います。

それでは、早速、効果的な脇汗対策を紹介したいと思いますが、
その前に普通の脇汗の臭いと腋臭の違いについてお話しておきます。

勘違いしている方が多いので、ここでしっかり
その違いについて理解してくれればと思います。

汗を分泌する汗腺には「エクリン汗腺」と「アポクリン汗腺」の2種類があります。

2種類とも同じ汗腺ですが、水分量や含まれる成分に違いがあります。

まず、エクリン汗腺から分泌される汗の成分は、
99%が水、残り1%が、アンモニア・塩分・ミネラル・尿素などです。

アポクリン汗腺から分泌される汗と違い、
無色透明で粘り気がないのが特徴です。

また、エクリン汗腺から分泌される汗は、
生命維持に欠かせない体温調整や皮膚の乾燥防止など
重要な役割を果たしています。

一方、アポクリン汗腺から分泌される汗は、
糖質・脂肪・たんぱく質・色素・尿素・鉄分・アンモニアなどです。

エクリン汗腺から分泌される汗と違い、乳白色で粘り気があり、
さまざまな物質を含んでいるので、
細菌などによって分解されたときに独特な臭いが発生します。

もうすでにお分かり頂けたかと思いますが、
普通の脇汗は主にエクリン汗腺から分泌されるため基本的には無臭です。

もちろん、多少汗臭い臭いはしますが、
それは汗と一緒に流れた角質などが雑菌によって
分解された臭いで腋臭とは異なるものです。

つまり、エクリン汗腺から分泌された汗は、
正しいデオドラント対策をすれば、
ほぼ完ぺきに臭いを防ぐことができます。

これに対して、アポクリン汗腺から分泌される汗は、
周囲に悪臭を放つのが特徴です。

腋臭の直接の原因は、このアポクリン汗腺とされており、
根本的に治すにはわきが手術しかないのが現状です。

腋臭が強い人の場合、一般的なデオドラント対策をしても、
ほとんどの場合ある程度しか臭いを軽減することができません。

それでは、いよいよ脇汗の対策方法をお話します。

【食生活を改善する】

油が少なく、ビタミンの豊富な野菜や魚、海草など。

わきが臭は食生活の影響が大きいですが、
胚芽やゴマに含まれるビタミンE、緑黄色野菜に含まれるビタミンA
により抑制することができます。

【水分補給】

臭いを予防するには、日頃からこまめな水分補給をすることが効果的です。

体内で水分が不足すると、汗をかいたときの汗の成分が濃くなり臭いが強くなります。

【ストレスを溜めない規則的な生活習慣】

緊張やストレスは汗腺の働きを活発にします。

アポクリン汗腺の働きを抑える意味でも、
不規則な生活習慣や睡眠不足はできるだけ避けるようにしましょう。

【気持ちのいい汗をかく】

日頃から汗をかかない生活を続けていると、
汗がベタベタになり雑菌が繁殖しやすくなります。

スポーツや半身浴などでサラサラの汗をかく習慣を身に付けましょう。

【衣類に気をつける】

Yシャツなどの吸水性のよくない衣類を肌の上に直接着ると
臭いが発生しやすくなります。

また、室内干しの臭いが原因となることもあるので、
除菌用の洗濯洗剤を使うなど工夫してみてください。

【脇汗パッド】

軽微なわきがの人ならこれだけでも大丈夫です。

抗菌・消臭効果もあり、脇汗のシミ、黄ばみもしっかり防止できます。

使い捨てタイプもあるので衛生面でも安心ですよね。

【制汗剤・デオドラント剤】

制汗剤で臭いの元となる汗を抑えれば臭いは発生しません。

また、殺菌・抗菌作用のあるデオドラント剤で、細菌の増殖を抑えれば、
基本的に汗をかいても臭いは発生しません。

しかし、制汗剤・デオドラント剤は持続時間に限界があります。

その場合、ミョウバン水をスプレー容器に入れて、
消臭・制汗剤として使う手もあります。

ミョウバン水の作り方については、「多汗症の原因と改善方法」
で詳しく説明していますので、そちらを参考にしてみてください。

あと、制汗剤・デオドラント剤を使うときは、
脇の汗をよく拭いてから使用すると効果的ですよ。

また、脇に直接つけるクリームタイプやロールオンタイプの制汗剤の方が、
スプレータイプの制汗剤よりも汗や臭いを抑えられるうえ、より長く効果も持続します。

特に女性はスプレー缶だと使ったとき「シュッ」って音が気になって
場所によっては使いずらいときがありますよね。

でもクリームタイプやロールオンタイプなら、
そんなことは気にせずどこでもサッと使えて便利ですよ。

まとめ

多汗症の方にはきつい季節になってきました。

汗を抑える方法はいろいろありますが、
それでも改善出来ずに悩むのであれば、
病院で相談してみるのも一つの手だと思いますよ^^

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする