赤ちゃんの紫外線対策!日焼け止めやスキンケアはどうする?

以前は赤ちゃんにも勧められていた日光浴。

しかし今現在は、赤ちゃんも大人もUVケア(日やけ止め)が当たり前の世の中。

紫外線の悪影響が分かってきて、
1998年には母子手帳から日光浴の項目が消えました。

ですが紫外線が少しは赤ちゃんにも必要なこともあって、
怖がりすぎずに上手につきあうべきというのが、ベストなんです。

スポンサードリンク

赤ちゃんのお散歩中に大切な紫外線対策とは?

赤ちゃん

天気がいい日に赤ちゃんとお散歩なんて気持ちがいいですよね^^

しかし、年々紫外線による皮膚ダメージが深刻に捉えられるようになっている現代。

今では大人だけではなく、紫外線対策は赤ちゃんの頃から行うのが当然となってきています。

赤ちゃんが紫外線のダメージを受けた場合の症状や、
「赤ちゃんへの紫外線対策」に効果的な方法をご紹介しますね。

大人は紫外線対策を自らすることが出来ますが、赤ちゃんはどうです?
当然出来ません。

赤ちゃんについては、保護者が意識をしていない限り、
紫外線の影響をガッツリと受けてしまうことになります。

紫外線は可視光線ではないので、
赤ちゃんへの紫外線がカットされているのかどうかは、
目で見て判断する事は出来ません。

育児中の皆さんの知恵としては、
1番に挙がるのが「布で紫外線対策をする」というものがあります。

夏でも外出時に1枚長そでの羽織ものを羽織っているだけで、
赤ちゃんへの紫外線のカット率が全く違ってきます。

他に紫外線をカットする方法を紹介しますね。

黒いTシャツで肌を覆うと肌への紫外線は約8割カットされます。

ただし、黒は熱を吸収してしまうため、脱水症状になりやすいので
こまめに水分補給が必要になります。

夏場はきついですが、デニム素材が肌を覆うと
肌への紫外線カット率は約100%です。

最近では赤ちゃん用のジーンズなど、
デニム素材の洋服は増えていますし、
赤ちゃんにはお勧めですよ。

赤ちゃんに日焼け止めはいつから?

赤ちゃんの肌は、しっとりつるつると触り心地がいいです。
しかし、実際には赤ちゃんの皮膚の厚さは大人の二分の一しかなく、
紫外線からダメージを受けやすい敏感肌なのです。

スポンサードリンク

紫外線を浴び過ぎると大きくなってから肌にシミが出るだけでなく、
成人後の皮膚がんや白内障を引き起こす可能性もあります。

日焼け止めを塗ってあげて、
強い紫外線から赤ちゃんの肌を守ってあげましょうね。

では日焼け止めは、いつ頃から使用出来るのでしょうか?

日焼け止めは生後3か月あたりの、
お母さんと一緒に外出をするようになる時期から塗るようにしましょう。

肌に合わない場合もあるので、
少量を塗って赤ちゃんの肌に異変がないかも確認して下さいね。

ただし、日光を浴びることが悪いことではありません。

日光を浴びることで、体内にはビタミンDなどの栄養物質がつくられるので、
過度の日焼けに気を付けてお外で遊ばせてあげて下さいね。

赤ちゃんの日焼けによるスキンケアは?

赤ちゃんの紫外線対策はママやパパの大切な役目です!

長袖や帽子を忘れずに 

紫外線を浴びないように、外出の時には長袖、長ズボン、帽子を着用しましょう。

赤ちゃん用の日焼け止めを使いましょう

衣類で防げない紫外線は、日焼け止めでガードしてあげれます。

長時間の外出のときにはこまめに塗りなおしてあげましょう。

外出から帰宅したらきちんと日焼け止めは洗い流してあげましょう。

紫外線の多い時間帯の外出は避けましょう 

やむを得ない場合を除いて、できるだけ紫外線の多い、
昼間のお出かけは避けましょうね。

紫外線を遮る工夫をしてあげましょう 

車での移動、ベビーカーでのお出かけのときにも、
日よけなどを使って紫外線対策を忘れないようにしましょう。

日陰や木陰を通りましょう

お散歩やお買物などのときには、日陰や木陰を通り
照り返しにも注意しましょう。

窓際は避けましょう

紫外線の中には、窓ガラスを通すものもありますので、
室内だからと言って安心するのは禁物です。

日焼け対策は夏だけではありません。

紫外線は夏だけでなく、1年中降り注いでいますから
1年中の紫外線対策が必要になりますね。

まとめ

敏感な赤ちゃんの肌に紫外線対策は必須です。

しかしある程度の日光浴が必要なのも事実です。

ですので、神経質になり過ぎない程度に実践して下さいね^^

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする